まつげエクステ付けてるからノーメイクじゃない?

男性というのはなぜか女性のメイクに関して無頓着の人が多いような気がしてなりません。職場の女性が髪の毛を仮に10センチ切ったとしても、それに気がつくあざとい男性は限りなく少ないはずです。

しかしこの変化は女性にしてみれば気づいて貰って当然と言えるレベルの代物なのだそうです。ちょっと反対の立場になって考えてみたいと思います。これは職場の中のごく狭い付き合いの中でのお話となりますが、例え入りたての新人社員であったとしても日頃のイメージと少し違うネクタイなど付けて出社しようものなら女子社員達は間違いなくそこに気が付いています。たとえ本人に直接その事を言わないような場合であっても、女性同士ではその変化について報告しあったりしている場面をたまに見かけることなどあるからです。

私の娘の話になりますが、ちょっと見ないうちに何やら髪の色が変わったり、目の回りを強めに縁取ったりと、最近本来の素顔が思い出せないような状況に戸惑いを感じることもあります。非常に稀な話になりますが、娘と朝食のテーブルを共にする機会などあった時に恐る恐るその顔を横目で確認して見ることがあります。おっ、今日はノーメイクで普段より随分良いと褒めてみた事がありました、すると一言「ノーメイクじゃねーし、まつげエクステだし」との事です;まつげは自分の以外の作りモノをくっつけてる_という事でノーメイクじゃないという事になるようです。近くで見ていても男性はそういう違いが本当に分からないのです。一度だけ娘が付けまつげを剥がしている姿を見たことがありますが、非常に痛々しくて見ていられませんでした;もうなんだか瞼が付けまつげから中々離れずに、白目の奥のほうまで覗けるような状態でした。なにかの接着剤のようなもので付けているようですが痛くないのか心配ですし、後々目にキズを付けたりしないかという気持ちになります。まあまだ二十歳になったばかりの女の子ですから、このようなオシャレはしない訳には行かないという事で納得するしか無いのかも知れません。娘が釘付けになって見ている有名なアイドルというかモデルの娘がいて、最近付けまつげの歌で若い女子に人気があります。長いつけまつげを付けた大きな瞳をパチクリさせながら、同じようにしか聞こえないフレーズを何度となくリピートするのですが、どうやら娘が大好きみたいで延々と歌っているのです、、、このまつげの歌が有名になってから娘のまつげも非常に長くなってしまったような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*