ダイエットメニュー 献立

ダイエットメニューの献立を考える際、必ず念頭においておきたいことは、カロリー計算ではないでしょうか。
ダイエットメニューの献立レシピの多くには、そのカロリーが記載されています。
それほどまでにカロリーは重要で、体重を左右しているのです。
では、実際に自分は一日当たりどれくらいのカロリーを摂取すればよいのかということですが、ダイエットしている人の場合は、通常の成人が摂取目安のカロリーよりも低く考えなければいけません。
しかし、誰もがみな同じカロリーではなく、一日の運動量に応じて摂取カロリーもそれぞれ変わってきます。
成人女性の場合、働いていることが前提となりますが、デスクワークか歩き回る営業かでもかなり摂取カロリーが異なりますし、主婦でも子育て中なのか、そうでないのかでも変わってきます。

20代30代女性の場合、立ち仕事や営業など、仕事をしている人の場合は2000キロカロリーが目安となっています。
ダイエットメニュー献立を考える際には、それよりももっと少ない、1200キロカロリー程度を目指しましょう。
実際に、このカロリーをクリアするためのダイエットメニュー献立は、カロリーが高めの炭水化物や脂肪分に注意します。
ただし、炭水化物は、直接的に体を動かすエネルギーになりますので、炭水化物を削るだけではダイエットメニュー献立としては適切ではありません。

ご飯やパンなどの主食はできるだけ減らさずに、炒め油を使わない、コロッケは衣をはずして食べる、肉類は油の多いバラ肉よりも脂肪分の少ないささみを使う選ぶなど、
小さな部分を注意しながらダイエットメニュー献立を考えてみましょう。
また、腹持ちの良いダイエットメニューの献立をつくることも重要です。
カロリーだけに目をとられて、カロリーの低いものを選んでいくと、どうしても腹持ちの悪い献立になりがちです。
ダイエットメニュー献立では、間食までもコントロールすることも肝心で、三食で取りにくい栄養分も補える、そして腹持ちのよいものがおすすめです。
例えば、噛むだけで満腹中枢を刺激してくれる昆布や干し梅などは、天然のミネラルも補える優秀な間食食材です。

ダイエットをする上では、一食だけではなく、一日トータルでの献立作りが欠かせないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*